設備ポータルサイト

設備ポータルサイト
企業PR
■該当件数5件中<1 〜 5を表示> 1

札幌から新潟まで父の遺体の搬送を


父が難病で札幌の病院に入院していましたが、残念ながら先日病院で息をひきとり自宅のある新潟まで市民火葬協会さんにお願いして搬送してもらいました。
できるだけ長く一緒にいたかったので、移動中もお棺の隣にいることができて良かったです。
搬送中はドライバーさんがとても気を遣ってくれて、プロを感じることができました。
途中タイミング良く休憩もとってくれて、本当にありがとうございました。
お陰様で父とゆっくり話をすることができました。

友達が生活保護葬で見送られましたが


身寄りのない友達がこの度生活保護葬で見送られましたが、私もいつ同じようになるか分からない境遇で、その時はどうなるのかとても不安でした。
しかし今回尽紫会さんのことを知ることができて、葬祭扶助の存在も知り、最悪でもきちんと葬儀を挙げてもらえることが分かり本当に安心しました。
友達のことを最後まできちんと見送ることができて、とても良い葬儀社さんだと思えたので、どのような形でも私の時にはここで葬儀をお願いするのでよろしくお願いします。

自分の時も海企画さんで海洋散骨をしてもらいます


海企画さんで父の海洋散骨をしてもらってから1ヶ月が経ちましたが、今でもその時のことが頭をよぎり、送っていただいた散骨証明書とフォトスタンドの写真を見る度にこれからも良い想い出として思い出すことだと思います。
散骨証明書は父の仏壇に飾っていますが、海洋散骨は父の亡くなる前にこれだけはして欲しいと言っていた願いで、今回式に参加してみて是非自分の時も海企画さんにお願いして海に骨を撒いてもらうように妻や子供たちにも話しているのでよろしくお願いします。

東京の葬儀場業者の公式サイトは


葬儀場でのしきたりやマナーは意外と分かりづらく、きっと誰もが一度は苦労するはずです。ある程度慣れればたいしたことは無いのかもしれませんが、それまでにいろいろなことをあらかじめ勉強しておくと安心でしょう。
そこで東京の業者が用意する公式ホームページがすごく役に立ちます。そこには葬式の具体的な流れや費用などがしっかりと掲載されているため、とても参考になるはずです。現場で周囲の人々に迷惑をかけないためにも、ぜひ一通り目を通しておくことが大切です。

祖父を火葬式で見送りました


横浜のマンションに80歳を過ぎても元気に一人暮らしをしていた祖父ですが、急に体調を崩して病院に運ばれたと連絡がきて、駆けつけた時には手遅れでした。
祖父はもともと九州で生まれ育って、横浜や東京にはほとんど知り合いがいなかったため、火葬式で家族だけで、見送ることにしてケアーズコーポレーションさんに葬儀をしてもらいましたが、全ての面で迅速でいろいろ気を遣ってもらい本当にありがとうございました。
家族一同お礼申し上げます。